このページの本文へ
ここから本文です

カカクコムと創芸、「不動産広告2.0」をうたうマンション情報サイトを開設

2007年2月20日 9時41分

カカクコムと創芸は2007年2月19日、新築分譲マンションの情報サイト「mansion DB(マンションディービー)」を2007年4月中旬に公開すると発表した。クチコミが集まるグルメ情報サイトやブログ検索などを活用し、物件周辺の情報を調べやすくするのが特徴だ。カカクコムが運営する価格比較サイト「価格.com」に新設される「不動産カテゴリー」のコンテンツとして提供する。両社はいずれもデジタルガレージのグループ企業で、「価格.com」などを運営するカカクコムのシステム構築力と、不動産広告専門の広告代理店である創芸のマンション広告のノウハウを合わせることにより、「Web 2.0の技術を利用した、不動産広告2.0の実現」(デジタルガレージの代表取締役グループCEOを務める林郁氏)を目指す。

創芸の調査によれば、今後の主要なマンション購入層となりうる団塊ジュニア世代は、住宅購入の際に物件だけでなくその周辺環境を重視するという。そこでmansion DBでは、クチコミ情報を活用する。その代表的な機能が、地図でマンション情報を調べられる「マップ検索」。物件のほかに、学校や病院などの主要施設がアイコンで示されており、これをクリックすればその施設に関するブログを検索できる。同じくデジタルガレージのグループ企業であるテクノラティジャパンのブログ検索エンジンを利用する。またレストランのアイコンをクリックすると、カカクコムが運営する「tabelog(食べログ).com」のクチコミ情報が表示される。最寄り駅に関するクチコミ情報や、最寄り駅周辺の地価の推移グラフなどを見られる機能も用意する。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る