このページの本文へ
ここから本文です

Linuxディストリビューション「Ubuntu 6.10」がリリース

2006年10月27日 10時9分

英Canonicalは現地時間10月26日,Linux OSの新版「Ubuntu 6.10」を発表した。デスクトップ版とサーバー版を提供する。Webサイトから無償でダウンロードできる。セキュリティ・アップデートなどのメンテナンス・サービスは,18カ月間受けられる。

新版について,Canonicalは「デスクトップ用アプリケーションを拡充し,セキュリティを強化した」と説明する。さらに,起動時間も大幅に短縮したという。

デスクトップ版はデスクトップ環境「GNOME 2.16」を採用し,電源管理機能などを強化した。オープン・ソースWebブラウザ「Firefox」の最新版や,メモ取りツール「Tomboy」,Flickrといった写真共有サービスと連携可能な写真管理ツールなどのアプリケーションを搭載している。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る