このページの本文へ
ここから本文です

Oracle、Red Hat Linux向けに「自社製品と同等」のサポートを提供

2006年10月26日 10時20分

米Oracleは米国時間10月25日,Linux関連サポート・プログラム「Unbreakable Linux」の強化について発表した。自社データベース,ミドルウエア,アプリケーション製品と同レベルの企業向けサポートを,米Red HatのLinuxに対しても提供するとしている。

「Red Hatは現在,最新版に関してのみバグ修正をリリースしているが,それでは顧客が頻繁に最新バージョンにアップグレードしなくてはならない」(Oracle)。OracleのUnbreakable Linuxでは,将来版,現行版および旧版のLinuxに対するバグ修正を提供する。米Intel,米Dell,米Hewlett-Packardが同プログラムに参加しているという。

Oracleによると,Unbreakable Linuxの料金は,Red Hatがベスト・サポートで課している金額よりも大幅に安いという。「より良いサポートとより手ごろな価格がLinuxの導入を促進する」(同社CEOのLarry Ellison氏)。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る