このページの本文へ
ここから本文です

Security Solution:富士通,UNIX/Linuxユーザー権限の集中管理ツール

2006年10月18日 14時25分

富士通は,東京ビッグサイトで開催中のSecurity Solution 2006において,UNIX/Linuxのユーザー権限を集中管理するツールを参考出品している。複数の業務サーバーで稼働するUNIX/Linuxのユーザー権限を,1台の運用管理サーバーで集中管理するもの。富士通のシステム運用支援ツールSystemwalker Centric Managerの次期版に採用される予定で,早ければ年内にも提供される。

セキュリティ管理者は運用管理サーバーのSystemwalker Centric Managerに,業務サーバーごとのセキュリティポリシーを登録。データベース管理,Web管理,アプリケーション管理など目的別の管理者権限をあらかじめ設定しておいて,業務サーバーの管理者ごとに適切な権限を与える。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る