このページの本文へ
ここから本文です

米MSのGates氏が現役引退へ、後継はCTOのOzzie氏とMundie氏

2006年6月16日 10時16分

米Microsoftは,同社会長兼チーフ・ソフトウエア・アーキテクト(CSA)のBill Gates氏(50歳)が2008年7月に現役を引退する予定であることを米国時間6月15日に発表した。今後2年のあいだに同氏職務のスムーズな引き継ぎを図る。

現最高技術責任者(CTO)のRay Ozzie氏(50歳)がただちにCSA職を継ぎ,Gates氏とともにすべての技術アーキテクチャおよび製品を監督する。同じく現CTOのCraig Mundie氏(56歳)は,最高戦略責任者(Chief Research and Strategy Officer)に就任し,同社の研究開発を指揮するほか,法務顧問のBrad Smith氏と協力して同社の知的財産および技術ポリシーの指導にあたる。

Ozzie氏は1980年代初頭に世界初の表計算ソフト「VisiCalc」の開発に関わり,1983年に米Lotus Developmentに入社した。1984年に米Iris Associatesを興し,「Lotus Notes」を開発。1997年に米Groove Networksを設立したが,Microsoft社がこれを2005年4月に買収した際に,CTOとしてMicrosoft社に加わった。

■詳しい内容はこちらをご覧ください。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る