このページの本文へ
ここから本文です

仮想化技術を強調したGates氏の基調講演

2006年5月29日 17時23分

ワシントン州シアトルで5月23日に開幕したWindows Hardware Engineering Conference(WinHEC)2006の基調講演のなかで,米Microsoft会長のBill Gates氏は主に将来の製品や技術について語ろうとしたが,世間の注目は専ら「Windows Vista」に集まっていた。世間の期待は裏切られなかった。Gates氏はWindows Vistaのベータ2をすぐにリリースすることと,同時に「2007 Microsoft Office system」と「Windows Server“Longhorn”」のベータ2を提供することを発表したのだ。さらにWinHEC 2006に登場したMicrosoftのほかの幹部たちは,「Windows Vistaのスケジュールがこれ以上遅れることはない」と明言した。

Gates氏はWindows Vistaと2007 Office,Windows Server“Longhorn”を指して,「われわれが本日発表するベータ版は,当社の最も重要な3製品のベータ版だ」と述べた。「これまで当社は,こうした同時リリースをしたことがない。これら3製品がどのように連携するかを知ってもらうには,同時にリリースすることが大切であると思う」(Gates氏)

■詳しい内容はこちらをご覧ください。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る