このページの本文へ
ここから本文です

出光、ノルウェーの鉱区での試掘で原油の集積を確認

2007年6月13日 9時44分

出光興産の子会社である出光スノーレ石油開発は、ノルウェー現地法人の出光ペトロリアムノルゲを通じて15%の権益を保有するフラム鉱区で試掘を行い、原油の集積を確認した発表した。

試掘に成功した構造は、既に生産を行っているフラム・ウエスト油田の北側、水深363メートル、海面下約2900メートルに位置する。試掘井での産出テストは実施せず、今後商業生産に向けた評価と検討と行うという。(日経エコロジー、EMF)

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る