このページの本文へ
ここから本文です

ミクシィがサーバーをグリーン電力化、「年間約800トンのCO2削減」

2007年4月24日 15時23分

ミクシィは5月1日より、同社が運営するSNS「mixi」とIT系求人情報サイト「Find Job !」で使用している全サーバーの電力(毎時205万kW)を、自然エネルギーによる発電でまかなうことにした。同社が4月24日に明らかにしたもの。これにより、年間約800トンの二酸化炭素排出量の削減に貢献できるという。

同社は、発電施設を持たない企業でも環境への貢献が可能な「グリーン電力証書」システムを利用する。国内の電力会社11社が出資する日本自然エネルギーからグリーン電力証書を購入し、自然エネルギーによる発電を委託する。

同社は、「当社が運営するサービスは、自然エネルギーで動く、環境にやさしいサービスとなる」と述べている。

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る