このページの本文へ
ここから本文です

「クールビズ」認知度は9割超、取引先訪問には抵抗あるも来社はOK

2006年6月23日 11時4分

インフォプラント(本社:東京都中野区)のモニターアンケート調査によると、オフィスワーカーの「クールビズ」の認知度は90%以上で、「詳しく知っている」も4割を超えているという。同社が2006年6月22日に発表した。

クールビスの実践状況では、「いつも実践している」「実践している日もある」「実践していない」の3つがそれぞれ約3分の1にきれいに分かれた。男女とも非営業職では、営業職に比べて実践率がやや高くなる傾向がある。

「実践しない理由」(していない人対象)は、「軽装で社外の人と会うのは失礼だから」が34.4%でトップ。とくに男性営業職では71.4%と他の層に比べて目立って多い。営業職以外の男性では「軽装は仕事場にふさわしくないと思うから」が23.8%で一番多かった。

また、クールビズ・スタイルで取引先を訪問することに対しては、「かなり抵抗がある」(17.3%)、「やや抵抗がある」(23.9%)、「どちらともいえない」(20.1%)、「あまり抵抗がない」(18.5%)、「まったく抵抗がない」(20.2%)と賛否は分かれる。

しかし、逆に自分が客で「取引先がクールビズ・スタイルで来社」することについては、「まったく抵抗がない」(44.6%)、「あまり抵抗がない」(28.9%)で7割以上の人が理解を示していることがわかった。

「今後実践したい」と考えている人は7割強で、「したくない」(5%)を大きく上回る。自由回答では、普及・定着させるには「全体の理解と協力」や「意識改革」を促す見解も多かったという。

同社のマーケティングサービス「C-NEWS」のモニターで、オフィスで働く20~59歳のインターネット利用者に聞いた。有効回答者数は1200人(営業職/非営業職各600人。男女同率)。(鴨沢 浅葱=Infostand)

■関連情報
・インフォプラントのWebサイト http://www.info-plant.com/

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る