このページの本文へ
ここから本文です

東工大と三菱商事,化石燃料を使わない無公害エンジンの実験機を製作

2006年4月13日 10時4分

東京工業大学と三菱商事は,化石燃料を使わない無公害エンジンの実験機を製作した。両者は2004年より,「新技術と知的財産の事業化による社会的価値創造」のため連携してきた。第1号プロジェクトとして2005年から,太陽光励起レーザーを基軸とした新しいエネルギシステムを研究している。エンジンはこのシステムの一翼を担う。

新型エンジンは,「MAGIC(MAGnesium Injection Cycle)エンジン」と呼び,東京工業大学の矢部教授・生田特任教授らが,品川区の精密加工メーカーである小野電機製作所の協力を得て開発を進めてきた。直径約5cm,高さ13.5cmの小型ながらも,数十kWの熱出力が発生し,そこから動力を得る。マグネシウムと水で熱を発生するため化石燃料を使わない。コージェネレーション,自動車,船舶などのエンジンとして期待している。

■さらに詳しい情報は「Tech-On!のWebサイト」でご覧いただけます。
閲覧には「ユーザー登録(無料)」が必要です。

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る