このページの本文へ
ここから本文です

おもちつき、麺作りに挑戦!松下電器のホームベーカリーを試す(最終回)

2006年12月26日 11時48分

前回までは松下電器産業の最新ホームベーカリー「SD-BT153」で焼いた色々なパンを紹介した。今回はお正月に大活躍する「もちつき」機能やうどん、パスタといった麺作りに挑戦!

たった1時間でおいしいおもちがつけるってホント?

私はおもちが大好き! 冬になると、おもちを実家から送ってもらっている。実家にはもちつき機があって、私好みに調整しておもちをついてくれるのだ。私はどちらかというと、つきたてよりも切り餅を焼いて食べるのが好きで、お雑煮にしたり、安倍川餅にすることが多い。そして極力水分を減らした「しっかりしたおもち」が好きなのだが、お店ではなかなか売っていない。安いおもちを買うと、水っぽくて添加物の変なニオイがするし、純粋なもち米と水だけのしっかりおもちはやたら高い……。

いつも実家でついてもらうのは申し訳ないので、いずれ餅つき器を買おうと思っていた矢先にBT153の存在を知った。BT153のスゴイところは、約1時間でおもちができてしまうこと(水切り30分を除く)。もちろん、業界最速だそうだ。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る