このページの本文へ
ここから本文です

性風俗店舗施設の消防法令違反の調査結果、総務省消防庁が発表

2008年10月6日 10時22分

消防庁は10月1日、「性風俗店舗の防火対策に関する全国調査結果」を発表した。札幌市のソープランドで08年4月に発生した火災を受け、性風俗関連特殊営業を営む店舗に対して行った実態調査をまとめた。総数2836施設の性風俗店舗施設のうち、消防法令違反があった施設は1495店舗、52.7%に上った。調査では、ファッションヘルスなどを営む店舗がソープランドなどを営む店舗に比べて消防法の違反率が高いと分かった。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る