このページの本文へ
ここから本文です

東京駅周辺、霞が関が3D都市に!グーグルアースがまた進化

2008年10月3日 12時10分

このところ、グーグルストリートビューの話題がマスコミやネットでもちきりでしたが、今日、久しぶりにグーグルアースを立ち上げてみてビックリ。というのも、東京駅周辺や霞が関界隈が3D仮想都市に大変身していたからなのです。

東京駅前は赤レンガの駅舎や丸ビルなどのリアルなビルが建ち並び、大手町は都市再生プロジェクトで建て替え中の現場やサンケイビルなど、一流企業の本社ビルなどが林立しています。

霞が関も負けてはいません。三角形の特徴あるスタイルの警視庁や、おなじみの国土交通省などのビルも忠実に再現されています。このような3D都市は、東京以外にも増えてきているようです。話はともかく、まずは画像をご覧ください。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る