このページの本文へ
ここから本文です

日本設計がベトナムに現地法人を設立

2008年9月12日 10時14分

日本設計は9月上旬にベトナムの首都ハノイに現地法人「NIHON SEKKEI VETNAM,INC.」を設立する。ベトナムが高い経済成長を続けていることに加えて、政府開発援助(ODA)の事業を含めた現地での実績があることなどが理由だ。

同社は1997年から、ベトナムでODA事業による5件の設計・監理を手掛けてきた。病院を3件と、医療関連研究所と医薬品製造施設を1件ずつだ。また、オフィス1件の設計・監理と、建物のコンセプト設計4件の実績がある。都市計画のマスタープランも2件作成した。進行中の設計業務もあるという。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る