このページの本文へ
ここから本文です

エレベーターの安全対策強化、建基法施行令を改正へ

2008年8月22日 10時31分

国土交通省は建築基準法施行令を改正し、エレベーターの安全対策を強化する方針だ。改正案に対する意見(パブリックコメント)の公募を9月12日まで実施している。改正後の建基法施行令の施行予定日は2009年9月30日だ。

エレベーターのトラブルのなかで、地震が起こった場合などへの対策を、より具体的に定めようとしている。

例えばエレベーターの索(ロープ)について、現行の施行令は地震などの際に滑車から外れてはいけないと定めているが、改正案は外れないようにするための基準を設ける。かごの中の人や物が与える衝撃で、かごが壊れないようにするための基準も新たに決める。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る