このページの本文へ
ここから本文です

“鬼軍曹”も合流!BIMブートキャンプがいよいよ始まった

2008年2月29日 10時16分

2月27日、ついに「BIMブートキャンプ」が開校しました。

緊張の面持ちで会場に5社から“隊員”となる受講生たちがやってきました。会社の規模、業務内容、CAD活用状況がさまざまの個性あふれるメンバーです。

BIMブートキャンプ開校に当たり、関西CAD界で厳しい指導で名をとどろかせている“鬼軍曹”が登場することになっていたのですが、はるばる大阪からやってきたのは、なんと、キュートな女性だったのです。

「設備の世界でも、3次元CADの導入が少しずつ始まっています。しかし、それを入れる側の建物の方が3次元化していないと設備が入りまへん。そこで、皆さんにはしっかり勉強していただいて、設備が入るようにしてください。私の指導は厳しいですよ」と、関西弁混じりで話すは、早速、受講生から笑いをとっていました。さすが、関西人ですね。

いよいよ電源オン。3次元CADを起動して3次元モデルを作ってみました。2時間ほどの講習で受講生はどんな作品が作れたのでしょうか。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る