このページの本文へ
ここから本文です

設計上のミスが原因? ベトナム・カントー橋事故

2007年12月25日 9時48分

19日付グオイラオドン電子版が建設省建設工事品質鑑定局筋の話として伝えたところによると、南部ビンロン省とカントー市を結ぶカントー(クーロン)橋の崩落事故の原因について調査中の専門家グループは、「設計上のミス」を事故原因に確定したという。

また、専門家グループは「設計上のミス」について、組織や個人の責任を確定する作業も実施中とされる。<NNAベトナム 12月20日>

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る