このページの本文へ
ここから本文です

「前川建築を活かす形で大規模改修を」、上野の東京都美術館について提言

2007年5月7日 17時0分

「優れた前川建築の一つである東京都美術館の建物を保存し、都民に親しまれたたたずまいとともに後世に継承していくべきである」――。東京・上野にある東京都美術館など3施設の老朽化対策について、東京都が設置した「都立文化施設のあり方検討会」(座長:福原義春・資生堂名誉会長)は5月2日、報告書をまとめ、都生活文化スポーツ局に提出した。報告を受け、都は今年度に東京都美術館の改修の基本設計に着手する。2010年度の着工で、2012年度の開館を目指す。総事業費約100億円をかけてリニューアルを進める。

東京都美術館は、公共建築の先駆的な設計者である故・前川国男氏が設計を手がけた。1975年竣工で築31年が経過し、外壁の打ち込みタイルや屋上防水、シーリングなどの劣化が進んでいる。電機や空調、給排水・衛生など設備の故障、配管からの漏水も問題になっていた。さらに東京・六本木に国立新美術館が開館したことから、事業内容などの見直しを迫られていた。

報告書では、「都美術館の著しい劣化に対しては、一刻も早い工事着手が必要である」としたうえで、「前川建築を活かす形で躯体を残し、施設設備を全面更新する大規模改修を行うべきだ」と提言した。改修を選択した理由として、建物の躯体がしっかりしていることや、建て替えに比べて事業費が安く、工期が短くて済むこと、上野公園に前川氏が設計を手がけた国立西洋美術館、師に当たるル・コルビジェの国立西洋美術館が立地していることなどを挙げた。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る