このページの本文へ
ここから本文です

3次元CGで解明!エジプトのピラミッドは内部から建設された

2007年4月3日 9時54分

エジプトの大地に立つクフ王のピラミッドを見ると、建設関係者ならずとも、だれもがこの巨大な“産業構造物”が、どのような手順と工法で建設されたのかについて、一度は思いをめぐらしたことがあるでしょう。

その疑問に答えてくれるのが、ダッソー・システムズのホームページです。なんと、3次元CGで施工手順を検証したビデオが公開されているのです。

4500年も前に、古代エジプト人550万トンもの石を、高さ146mまで積み上げていった工法と手順が、リアリティーをもって描かれています。

このビデオによると、ピラミッドの高い部分の施工には、ピラミッドの内部に設けられた7%勾配の傾斜路を使って運び上げたというのです。角の部分では、こんな方法で方向転換をしたそうです。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る