このページの本文へ
ここから本文です

タマホームの「2年連続日本一」広告に排除命令、公取委

2007年3月30日 11時22分

公正取引委員会は3月29日、タマホーム(東京都港区)に対して、広告表現の一部が景品表示法に違反するとして、排除命令を出した。

問題の個所は、同社が注文住宅の実績についてテレビCMや折り込みチラシで「注文住宅着工棟数2年連続日本一」と表現した部分。公取委は、同社が2006年11月3日に配布した新聞の折り込みチラシと、同年10月9日から12月7日までの期間に放送したテレビCMでの表現を違反事実の対象にしている。

公取委によると、同社は問題の表現に合わせて、チラシやCM画面で小さな文字で「2004・2005年度注文住宅地域ビルダーランキング(着工)第1位(株)住宅産業研究所調べ」と記載。しかし、住宅産業研究所のランキング調査は、営業地域を限定した中での順位を調べたものであり、全国ベースで第 1位であるという事実はなかった。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る