このページの本文へ
ここから本文です

建築学会、紛争事例集めた「失敗の建築博物館」のサイト開設へ

2007年2月5日 10時58分

日本建築学会の司法支援建築会議は、建築紛争事例の調査、研究の成果を集めた「失敗の建築博物館」(仮称)をウェブサイトに開設するため、準備を進めている。公開時期は2、3カ月後の予定だ。

建築の欠陥をめぐる紛争だけでなく、建築自体に欠陥はないが、建築のつくり手と発注者との関係が悪化して紛争が生じた事例も扱う。構造計算書偽造問題をきっかけとして建築界への信頼が低下し、紛争が起こりやすくなっている状況に対処する。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る