このページの本文へ
ここから本文です

ミサワホーム、木質系住宅「GENIUS SMART STYLE」に1階蔵タイプ

2006年12月8日 11時6分

ミサワホームは、木質系住宅「GENIUS SMART STYLE」に、「1階蔵」タイプを追加した。2007年1月1日から販売する。建ぺい率・容積率の対象にならない収納空間を1階部分に設けたタイプで、車の荷物やガーデニング用品の出し入れなどに便利という。価格は坪あたり49万円から(40坪以上)。

「GENIUS SMART STYLE」1階蔵タイプ

「GENIUS SMART STYLE」1階蔵タイプ

同社は、法規上は床面積に含まれない高さ1.4m以下の空間を、住宅付属の収納スペース「蔵」として展開している。団塊ジュニアをメインターゲットにしたGENIUS SMART STYLEでは、1階と2階の中間、2階に設けたタイプを販売しており、これに1階タイプを追加した。

1階蔵のイメージ

1階「蔵」のイメージ

1階蔵は屋外に近い位置にあるため、車の荷物やガーデニング用品を収納するのに向いている。また、居室に1階・中2階・2階と高低差が生まれ、温度差換気ができるメリットもあるという。1階蔵は、これまで自由設計の高級住宅「CENTURY」で設定していたが、普及タイプに拡大した。

2階建8プラン、小屋裏2階建8プランの計16プランがある。また、制震装置や防犯ガラスなどを備える「SAFETYモデル」、太陽光発電システムやエコキュートなどを備える「ECOモデル」を12月9日から期間限定で販売する。(鴨沢 浅葱=Infostand)

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る