このページの本文へ
ここから本文です

安藤忠雄+安井JVが「赤坂迎賓館和風施設」の設計者に

2006年9月14日 15時7分

国土交通省は9月13日、「赤坂迎賓館和風施設拡充その他基本設計業務」の設計者選定について実施した公募型プロポーザルで、安藤忠雄建築研究所・安井建築設計事務所JVを特定したことを明らかにした。

国交省は今年6月20日に公募プロポーザルの実施を公示。参加表明書を提出した6者のうち、5者に技術提案書の提出を求めた。技術提案書を提出したのは、安藤忠雄建築研究所・安井建築設計事務所JV、谷口建築設計研究所、日建設計、北川原温建築都市研究所、プランテック総合計画事務所。

鈴木博之・東京大学教授を委員長とする評価委員会が、「『日本らしいもてなし』を行うための迎賓施設のあり方に関する提案を中心に、あわせて配置予定技術者の資格、業務実績、経験年数、業務の実施方針などを評価」し、安藤忠雄・安井JVを設計者として特定した。

■さらに詳しい情報はKEN-PlatzのWebサイトでご覧いただけます。nikkeibp.jpでは建設情報の総合サイトKEN-Platzが伝えるニュースの一部を紹介しています。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る