このページの本文へ
ここから本文です

三井住友銀とNEC、上海で日系企業向け外貨決済サービス

2008年9月26日 15時1分

三井住友銀行とNECは2008年9月26日、中国・上海で輸出入業務を行う日系企業を対象とした通関時の外貨決済サービス「EDI外貨決済サービス」を10月から開始すると発表した。外貨決済を正確かつ迅速に処理できるようになるという。

新サービスは、NECと中国の上海日電快通管理咨詢(NECSCM)が構築した輸出入の税関手続きを効率化する「迅速通関サービス」のシステムと、中国独自の資金決済および通関証明管理に対応した三井住友銀行の「統合貿易財務管理システム」を連携させて実現する。

新サービスの利用企業は、送金依頼書や付帯書類の自動作成が可能になり、銀行での外貨決済手続きを正確かつ迅速に進められる。通関実績データを通関の翌日に取得できるほか、通関データと送金データをシステム上で連携できるため、社内システムでのデータ処理の迅速化や内部統制の強化につながる。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る