このページの本文へ
ここから本文です

中国の開発コンペでUG開発マネジメントらが1等、蓬莱市のリゾート計画

2008年9月9日 10時46分

中国・山東省蓬莱市が実施した「海浜地域のリゾート計画」コンペで、UG開発マネジメント(東京都港区)と煙台大学の案が5月20日の最終選考で、1等に選出された。9月以降に同市と、開発コーディネートを中心とする業務委託に向けた基本協定を結ぶ予定だ。

対象地域は歴史的遺産である「蓬莱閣」に隣接した帯状の海浜エリア約500haだ。コンペには5者が参加した。蓬莱市は、国内外から多くの観光客が訪れる国際観光都市を目指して、「蓬莱閣」を生かした観光拠点の開発を求めていた。

UG開発マネジメントらの開発コンセプトは「文化再生」から「新しい都市の創造」、「未来への道しるべ」へ向かう時の流れの演出だ。西側の蓬莱閣を中心とした歴史街区から東に向かって5街区を設定した。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る