このページの本文へ
ここから本文です

上場廃止のアジア・メディア、ずさんな企業統治
前CEOの暴走阻止できず

2008年9月3日 9時32分

「崔氏は学者肌で仕事熱心な印象だった。自信過剰で周囲の話に耳を貸さないきらいはあったが、まさか会社の預金に手をつけるとは」──。

アジア・メディアに出資した日本企業のある幹部は、崔建平・前CEO(最高経営責任者)の不正が招いた最悪の事態に、落胆と憤りを隠さない。

私的流用に加え粉飾の疑い

東京証券取引所は8月19日、アジア・メディアを9月20日付で上場廃止にすると発表した。同社は昨年4月、初の中国本土系企業として鳴り物入りで東証マザーズに上場。ところが今年6月、創業トップの崔氏が子会社の定期預金から1億300万元(約16億円)を私的に流用していた事実が発覚し、崔氏は辞任に追い込まれた。

トップの犯罪を発端に、株式上場から1年5カ月で“退場”となる異常事態。崔氏は、2003~04年に中国の上場企業で起きた類似の事件にも深く関与していたことが分かっている。

だが、東証がアジア・メディアの上場廃止を決めたのは、崔氏の私的流用が唯一の理由ではない。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る