このページの本文へ
ここから本文です

日本と中国、Blu-ray Discで良きパートナーシップを築けるか

2008年8月27日 11時36分

2008年7月8日,中国では初となる公式のBlu-ray Disc検証センターが発足した。これにより中国メーカーは,Blu-ray Discプレーヤーなどの検証サービスを中国国内で受けられる。これに合わせて北京で開催された記者会見では,日本メーカーと中国メーカーの代表者が壇上に立ち,検証センターの発足を祝った。この記者会見には38のメディアから計45人の記者が押し掛け,その関心の高さを伺わせたという。

Blu-ray Discは,日本メーカーを主軸として,各社の光ディスク技術者が心血を注いで開発した技術である。この技術を通じて,日本と中国のメーカーが互いに利益を得る関係を築けるかどうか。私にはこのBlu-ray Discの取り組みが,新興国メーカーとの競争が激化する中で日本メーカーが生き残る道を探る,一つの試金石になるのではと感じている。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る