このページの本文へ
ここから本文です

中国専門ポータルのサーチナ、円借款などODA活動の紹介サイト開設

2008年8月19日 15時29分 この記事を携帯に転送する

中国専門ポータルサイトサーチナを運営するサーチナ社は8月19日、国際協力銀行(JBIC)北京事務所と共同で、中国におけるODA(政府開発援助)の活動を紹介するサイト「対中ODA 北京MAP」を開設した。

JBIC、日本大使館、国際協力機構(JICA)が作成したパンフレットをWebコンテンツとして公開したもの。日本が北京で行ってきた有償資金協力(円借款)や無償資金協力、技術協力など、ODAのさまざまな活動や成果を紹介する。

またJBICから情報提供を受け、「対中円借款プロジェクト全リスト」を用意する。鉄道や道路、農村生活基盤や保険・医療といった各種プロジェクトをまとめたデータベースで、借款契約期間などの概要を閲覧できる。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る