このページの本文へ
ここから本文です

川崎汽船,中国福建省の船舶修繕ドックと資本・業務提携

2008年8月6日 9時17分

川崎汽船は,香港の石油及び石油関連製品の輸送/貯蔵/販売を行う企業のTitan Petrochemical Group社の船舶修繕事業の戦略的パートナーとして,Titan Quanzhou Shipyard社(TQSL)と資本業務提携を発表した。

同社はTQSLとの戦略的提携を,2008年4月に策定した中期経営計画の運航規模900隻体制に向けた船隊整備計画の一環と位置付けている。2008年2月に開所したフィリピン(マニラ)の新船員研修センタでの船員確保・育成体制整備に続き,船舶修繕の核となる修繕ドックを確保した。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る