このページの本文へ
ここから本文です

ワイヤレスジャパン:「3年間で1億米ドルの売上を目指す」、中国ZTE

2008年7月24日 12時34分

中国ZTE Corp.は,2008年7月22日から開催中の「ワイヤレスジャパン 2008」で記者説明会を開催した。2008年4月に日本法人であるZTE ジャパンを設立した同社は,仮想移動体通信事業者(MVNO)である日本通信にW-CDMA対応データ通信端末を供給するのが国内初進出となる。「日本市場への進出に当たり,明確な売上目標を立てた。2008年からの3年間で1億米ドルの売上を目標とする」(ZTE社 President of East & Southeast Asia RegionのQian Qiang氏)。2008年の売上高の見込みは2000万米ドルであるとする。

1985年に設立したZTE社は,携帯端末や移動体通信用基地局,固定通信用の各種ネットワーク機器などを提供する大手通信機器メーカー。135以上の国と地域の,500社以上の通信事業者に製品を提供し,2007年には約50億米ドルを売り上げている。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る