このページの本文へ
ここから本文です

2008年の中国の薄型テレビ出荷は1700万台に、米DisplaySearch

2008年3月28日 12時6分

米DisplaySearch社は,中国の薄型テレビ市場の調査結果を発表した。2007年の薄型テレビの出荷台数は過去最高の960万台。このうち,液晶テレビが対前年比83%増の880万台,PDPテレビが同43%増の80万台だった。薄型テレビの出荷台数は,2007年から2012年までに年平均29%で成長する見通し。急速な価格下落に加え,2008年の北京五輪の開催や2010年の上海万博の開催が,市場を牽引するとみる。2008年の薄型テレビの予想出荷台数は1700万台。内訳は,液晶テレビが1550万台,PDPテレビが150万台である。また,2009年には液晶テレビの出荷台数がCRTテレビの出荷台数を追い抜くと予測する。

2007年の薄型テレビ市場では,海外ブランドが以前に比べて積極的に価格攻勢をかけた。海外ブランドの製品は,中国ブランドよりも高価である。ただし,DisplaySearch社によれば,これまで海外ブランドと中国ブランドの製品は,少なくとも30%程度の価格差があったが,それが2007年には20%以下まで縮まったという。この結果,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.やソニーといった海外ブランドの出荷台数シェアが,前年の33.6%から40.1%に上昇した。一方,国内ブランドの出荷台数シェアは前年の66.4%から59.9%に低下している。2007年に出荷台数において海外ブランドで最も多くのシェアを占めたのはSamsung Electronics社,国内ブランドで最大のシェアだったのは中国Hisense Electric Co., Ltd.で,それぞれ7.2%と12.1%だった。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る