このページの本文へ
ここから本文です

百度の新任CFOに李昕晢女史

2008年3月27日 0時0分

世界最大の中国語検索エンジンである百度はこのほど、李昕晢女史を同社の新たな最高財務責任者(CFO)に迎えることを発表した。任期は今年3月31日から正式発効となる。

李女史は百度でのCFO就任が決定する以前に世界最大の自動車ローン会社であるゼネラル・モーターズ・アクセプタンス(GMAC)の北米担当チーフアカウントを務めており、GMAC社がグループ内で最も収益能力の高い会社へと成長する過程で大きく貢献した。また、これ以前にはGM社のCFOを務めた経歴もあり、主にGM社およびその合弁企業の中国における財務関連業務管理を担当していた。

百度の董事長兼最高経営責任者(CEO)である李彦宏氏は「李女史は財務分野で13年の経験があり、これまでに中国、シンガポール、米国、カナダなど、世界の主要地域での仕事経験を豊富に持つ。取締役会では李女史が百度のメンバーに加わることで財務方面の管理レベルが向上し、社の国際化発展戦略目標の実現に大きく貢献すると期待している」と述べた。

李女史は百度創立以来初の女性高官となり、同社の発展の歴史上においても重要な意義を持つ。(日中経済通信03月24日)

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る