このページの本文へ
ここから本文です

中国のMP3検索サービス訴訟、百度とヤフーで明暗が分かれる

2007年12月25日 16時58分

MP3ファイルの検索サービスを提供している中国検索サイト大手、百度に対して、米国などのレコード会社連合が、ファイルのダウンロードサービスの停止や損害賠償請求を起こしていた裁判の判決が先週言い渡された。訴えていたのは、ユニバーサル、ワーナーミュージック、EMI、SONY BMGなど。

北京高級人民法院は、「百度は権利侵害を行っていない」と無罪の判決を言い渡した。百度は「検索結果を表示しているだけで、権利を侵害するファイルをアップロードしているわけではない」という主張をしていたが、これが認められたことになる。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る