このページの本文へ
ここから本文です

北京の裁判所、著作権侵害訴訟の有罪判決に対するYahoo! Chinaの上訴を棄却

2007年12月21日 12時35分

国際レコード産業連盟(IFPI)は中国時間12月20日、同連盟のメンバーが中国Yahoo! Chinaを相手取って起こした著作権侵害訴訟の有罪判決に対するYahoo! Chinaの上訴を、中国北京の裁判所が棄却したと発表した。

Yahoo! Chinaが提供するサービスにより、ユーザーはYahoo! ChinaのWebサイトを離れることなく海賊版の楽曲の検索、再生、ダウンロードが可能となっている。IFPIのメンバーは、Yahoo! Chinaのサービスが著作権侵害に当たるとして2007年1月に提訴。北京の第2中級裁判所は2007年4月24日にYahoo Chinaに対して有罪判決を下し、21万元(2万8400ドル)の罰金を科していた。これに対し、Yahoo Chinaは直ちに上訴を申し立てていた。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る