このページの本文へ
ここから本文です

JFEスチール、中国・広州に冷延設備などを建設

2007年12月20日 9時34分

JFEスチールと広州鋼鉄企業集団は、両社の合弁会社で中国国内の自動車や家電向けに溶融亜鉛めっき鋼板を製造・販売する広州JFE鋼板に冷延設備などを建設する。2010年中の生産開始を目指す。

広州JFE鋼板には現在、年産40万tの溶融亜鉛めっき鋼板設備がある。中国で自動車や家電を中心として高級鋼の需要が増えており、今後も増加が見込まれることから、JFEスチールなどは広州JFE鋼板の拡張を決めた。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る