このページの本文へ
ここから本文です

アスプローバ、上海に営業所を開設し中国での販売パートナーを開拓へ

2007年12月20日 9時33分

生産スケジューラ「Asprova」を開発・販売するアスプローバ(本社東京)は、2007年12月に中国・上海に営業所を開設した。生産スケジューラのニーズは、徐々に中国においても拡大していると判断。このニーズを逃すことなく売り上げ増につなげるため、上海営業所を中心に中国国内にしっかりとした販売・サポート網を構築したいという。

上海営業所の人員は当初は二人。現在、アスプローバの販売代理店は中国で5社あるが、これらの代理店をサポートしたり新たな代理店を探したりといった業務を行う。これにより、2007年は10本程度だった中国でのAsprovaの売り上げを、2008年には倍増する計画。中国での売り上げが順調に伸びれば、「3年後にはAsprovaの海外での販売比率を50%以上にできる」(同社 社長の高橋邦芳氏)という。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る