このページの本文へ
ここから本文です

コニカミノルタ,中国に複写機やプリンターの生産を手掛ける子会社を設立

2007年12月19日 12時18分

コニカミノルタビジネステクノロジーズは,中国広東省東莞市に中国Konica Minolta Business Technologies (DONGGUAN) Co., Ltd.を設立したと発表した。新会社は,複写機やプリンター,関連部品の研究開発や設計,生産,および自社生産品の販売を手掛ける。資本金は2000万米ドル。設立日は2007年11月12日。稼働開始は2008年4月の予定。同社グループが,これまで蓄積した量産ノウハウや人材を新会社へ継承することで,中国の生産拠点における機能を強化する。加えて,環境問題などに関する中国政府の規制によるリスク回避も狙う。従業員は約5000人。敷地面積は8万m2。

新会社は,コニカミノルタビジネステクノロジーズの生産子会社である香港Konica Minolta Business Technologies Manufacturing (HK) Ltd.の100%子会社として設立した。Konica Minolta Business Technologies Manufacturing (HK)社はこれまで,中国広東省東莞市石龍鎮の「東莞石龍事務機工廠」に複写機やプリンターなどの生産を委託してきたため,新会社は東莞石龍事務機工廠から従業員や設備を引き継いだ。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る