このページの本文へ
ここから本文です

中国IT事情:携帯電話向け情報サービス市場、四半期で微減

2006年10月31日 13時4分

中国の調査会社、計世資訊(CCW Research)が発表したレポートによると、中国における2006年第3四半期の携帯電話向け情報サービス市場は22.7億元(約339億円、1元14.92円として計算)で、前期に比べ8.3%減少した。うち、システム提供者などサービスプロバイダーの収入は16.9億元(約252億円、同)、コンテンツプロバイダー(以下CP)の収入は5.8億元(約87億円、同)となった。

市場規模が前期比でマイナスになったのは、携帯電話で利用する情報サービスの人気が下がっているという理由ではなく、2006年7月に中国電信と中国聯通の2大キャリアが「二次確認」と呼ぶ新たな規則をCPに課したためと、計世資訊は分析している。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る