このページの本文へ
ここから本文です

大阪・梅田にオープンの「ブリーゼブリーゼ」注目店リポート(後編)
「香港海鮮飲茶樓」と「赤石鹿ノ瀬寿司」

2008年10月6日 15時19分

■注目店3
「香港海鮮飲茶樓」(6F)
営業時間/11時~23時

心斎橋で話題の中華料理店が、さらにゴージャスになってオープン。家具や調度品はすべて中国でのオーダーメイドとあって、店内に一歩入ると、そこは香港の一流レストランそのもの。巨大なシャンデリアや円卓など、高級感と女性の好きな「キラキラ」があふれており、ウットリさせられる。料理も本場香港の味を再現。化学調味料を一切使用しない手作り点心と、大型水槽の新鮮な魚貝類を使用した本格海鮮中華が味わえる。

日本では当店と心斎橋店だけの、茶芸師による九龍茶のパフォーマンスも見物。中国人の茶芸師が様々なポーズを決めながら茶を注ぐもので、中国の大道芸の一つ。3秒ほどで終わる「一瞬の芸術」をお見逃しなく。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る