このページの本文へ
ここから本文です

大阪・梅田にオープンの「ブリーゼブリーゼ」注目店リポート(前編)
「ル・コントワール・ド・ブノワ」と「マルベリー ストリート」

2008年10月6日 15時18分

10月3日、大阪・梅田にあるブリーゼタワー内に、飲食店17店舗、物販店43店舗からなる商業施設「ブリーゼブリーゼ」がオープンした。

同施設のコンセプトは「『驚き』こそ最高のもてなし」。お客を「驚き」によって魅了することこそおもてなしの核心と考え、店舗構成、商品ライン、接客サービス、イベントなど様々な点で、訪れた人たちの期待を上回る趣向や工夫を凝らしているという。

では、実際にどのような「驚き」や「工夫」が待ち受けているのか。早速、注目の飲食店をのぞいてきた。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る