このページの本文へ
ここから本文です

宮田秀明:小泉元首相の引退は「プロの引き際」にあらず
美空ひばりや野茂英雄の執着心との大きな差異

2008年10月3日 9時48分

音楽は最大の不得意分野だ。嫌いなわけではない。この原稿も30年前のカリフォルニアの音楽を聞きながら書いている。でも歌手も曲名もほとんど何も知らない。

ある日のこと、秘書の女性に聞かれた。「先生、○○知ってます?」

どうやら歌手の名前らしいが、私は「知らない」と返事した。

彼女はもう一度口を開いた。「それでは、トキオ知ってます?」

私の答えは同じだった。そして彼女との会話は途絶えてしまった。

若い頃から、ニュースと天気予報ぐらいしかテレビを見ない生活スタイルが続いていることの影響が大きい。その私がある日ニュースを見ようとして、代わりに美空ひばりの回顧番組を見てしまった。私もさすがに美空ひばりは知っている。小学生の時、映画好きの母に連れられて彼女の映画を見に行ったこともある。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る