このページの本文へ
ここから本文です

サブプライムから1年、危機の2巡目、世界に迫る
インフレと景気後退、新たな連鎖の懸念

2008年7月16日 9時30分

高インフレでスト続出のベトナム、株価・不動産が低迷する中国。
1年前に起きた米金融危機に端を発した経済の混乱は、世界を一巡した。
インフレ加速と景気後退が絡み合って再生産される2巡目が迫りくる。

日系企業約700社が集まり、製造業の進出先として人気を集めてきたベトナムが「試練の地」へと変わりつつある。今、進出企業はいつ過ぎ去るかも読めない労働争議の嵐の中にいる。

「また止まった」

ハノイ周辺の日系企業の間に、この一言が一気に広がった。2007年に同市近郊で操業を開始したブラザー工業の工場が、今年5月27日から31日まで、ストライキによってライン停止を余儀なくされた。ブラザーでのストは今年2回目。2月にも1日半の操業停止があったばかりだ。

政府関係者や労働組合、各職場の代表を交えた協議の場を設け、「要求事項を検討する」という条件でストはようやく収束。一部手当の支給条件を緩和した。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る