このページの本文へ
ここから本文です

「マクドナルド」や「つくばエクスプレス」でDSの無線サービス、任天堂

2008年5月27日 12時6分 この記事を携帯に転送する

任天堂は5月27日より、無線LAN機能付き携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」を利用し、マクドナルドの店舗とつくばエクスプレスの車内/駅で、ニュースやゲームなどの情報コンテンツを提供する実験サービス「ニンテンドースポット」を開始すると発表した。サービス利用は無料で、事前申し込みは不要。多数の参加者を見込む。

東京都世田谷区と杉並区にあるマクドナルドの21店舗で6月30日まで、顧客のニンテンドーDSに、無線通信で専用ブラウザソフトを配布する。顧客は店内でブラウザソフトを使ってマクドナルドのWebサイトにアクセスし、商品やキャンペーンの情報を閲覧したり、食育をテーマにしたゲームで遊べる。また市販ゲームソフトの体験版もダウンロードできる。

つくばエクスプレスでは、全20駅の構内でブラウザソフトをダウンロード配布する。顧客は駅構内と、秋葉原―つくば駅間を走行する電車内で、国内外の主要ニュースや天気、沿線の飲食店情報、乗り換え情報などを閲覧できる。ゲームソフトの体験板もダウンロード可能。

任天堂は、日本マクドナルドや首都圏新都市鉄道、NTTブロードバンドプラットフォームなどと協力してサービスを提供する。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る