このページの本文へ
ここから本文です

損害保険ジャパン、損害分析システムで「国際特許」取得

2008年5月19日 9時29分

損害保険ジャパンは2008年5月中に、独自開発の「損害分析システム(ダメージ・プロッティング・システム)」に関連するビジネスモデル特許で「国際特許」を取得する。国際特許取得は製造業などでは一般的だが、金融機関では珍しく、日本の損保業界では初という。国際特許の取得には、日本・米国・欧州それぞれでの特許登録が必要。2000年に各地で出願して2006年までに日本と米国では特許を取得し、残る欧州特許庁からも2008年3月に特許の承認通知書を受領した。

損害分析システムは、自動車メーカーなど法人顧客向けに、損害保険の付加価値サービスを提供する仕組みとして開発したもの。貨物を大量輸送する過程で表面損傷などの事故が発生した際に、損傷部位を入力(プロット)することで原因を分析し再発防止に役立てることができる(関連記事)。「法人向けの損保商品では、海外の保険会社との競合が激しく、こうした付加価値サービスが商談の決め手になるケースが増えている」(企業サービスセンター部の松本邦康部長)。それだけに、同システムで国際特許を取得し、海外で特許侵害訴訟を起こされるリスクを防いだ意義は大きい。

同システムは、現在、損保ジャパンの顧客である大手自動車メーカー2社が世界各国の輸送拠点で、損傷の未然防止や改善策検討のために活用している。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る