このページの本文へ
ここから本文です

十和田湖の白鳥、ウイルスは強毒型のH5N1型

2008年4月30日 12時22分

4月28日、秋田県は十和田湖で見つかった衰弱した白鳥1羽と死骸3羽から鳥インフルエンザ・ウイルスが発見されたと発表した。翌29日、環境省はウイルスが強毒型のH5N1型であったことを公表した。日本における野鳥の感染例では、2007年3月に熊本県で発見されたクマタカの死骸からH5N1型の鳥インフルエンザウイルスが検出されて以来である。

今回なによりも問題なのは、日本の行政、特に地方自治体が鳥インフルエンザの防疫について、その意義と緊急性をしっかりと理解していないらしいことだ。これでは、日本国内にH5N1型の鳥インフルエンザが鳥の世界の病気として定着してしまう可能性がある。それは、ヒトに感染する新型インフルエンザが出現する確率を高めることになる。

このようなことが起きることは予想されていた。現在韓国では、H5N1型の鳥インフルエンザが広がりつつある。ロシアのウラジオストック近郊でも鳥インフルエンザが発生しており、渡り鳥経由で日本にもウイルスが入ってくる可能性が高い。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る