このページの本文へ
ここから本文です

19社がギョーザ以外にも天洋食品から輸入、厚労省がリスト公開

2008年1月31日 17時0分 この記事を携帯に転送する

中国製ギョーザで起きた健康被害に関連し、厚生労働省は、2007年1月1日―20008年1月30日まで製造元である「河北省食品輸出入集団天洋食品工場」からギョーザ以外の食品を輸入した国内企業のリストを公開した。東京都、愛知県、静岡県、大阪府、兵庫県の19社で、厚労省は各社に対し安全性が確認できるまで、該当する食品の輸入、販売を中止するよう要請した。

輸入していたのは煮た豚肉や牛肉、ソーセージ、フライなどで、同時期に輸入したギョーザ1307トンを含め、天洋食品からの輸入実績は合計3845トンだった。

19社は、東京都のハイキクトレーディング、ジャパンフード、住金物産、双日、太洋物産、シンポインターナショナル、日協食品、ジェイティフーズ、愛知県の天野食品、静岡県の東海澱粉、大阪府のワントレーディング、インターグローバル、KH通商、タニインターナショナル、豊田通商、日佳食品、西食産業、イメックス、兵庫県の神戸物産。リストは厚労省のWebページからダウンロードできる。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る