このページの本文へ
ここから本文です

ブルガリア:白いヨーグルト、赤いバラ、そして黒い…

2008年1月31日 11時39分

南東欧で、日本人に最も馴染み深い国といえばブルガリアではなかろうか。地中海と黒海の間に突き出たバルカン半島東部に位置し、ルーマニア、セルビア、マケドニア、ギリシャ、トルコと国境を接している。数々の世界遺産を誇り、バラやワインの産地としても知られている。

特に日本で有名なのが、言うまでもなく、「ヨーグルトの聖地」としての顔である。ヨーグルトはノーベル医学賞を受賞したメチニコフというロシア人生理学者が、ブルガリア南部のスモーリアン地方でヨーグルトを常食する人たちに長寿傾向があることを発見し、ヨーグルトは不老長寿の食品というイメージを世界的に広めた。そして、それに最も敏感に反応したのが我が国である。

不動産建設ラッシュは一段落も、首都には近代的なビジネス街がない

ブルガリアでは、2007年1月1日のEU(欧州連合)加盟の数年前から、黒海沿岸の町から首都ソフィアまで建設ラッシュに見舞われ、不動産価格が急激に高騰する経験をした。その甘い蜜を吸うべく群がってきた外国投資家は数多いが、最近では、かつてのような急激な上昇は見込めなくなったという。

また、これまで年間5割近い成長率を続けてきた住宅ローン市場についても減速が予想されており、特に今後サブプライムローン(米国の信用力の低い個人向け住宅融資)問題の波及で、銀行の貸し渋りが想定されるため、成長は鈍化するものと見られている。

不動産市場が急速に成長する一方で、首都ソフィアには近代的なオフィスや駐車場などを完備した、いわゆるビジネス街がない。このため、最近、欧米のファンド等の資金に支えられて急ピッチで開発が進められているのが、空港近辺の地域である。この地域では、インフラが整備されており、今後ブルガリアに投資する外国企業の事務所を誘致していくのであろう。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る