このページの本文へ
ここから本文です

マイクロソフトと日本ビクター、特許クロスライセンス契約を締結

2008年1月16日 15時4分

マイクロソフトは1月16日、日本ビクターと消費者向け製品に関する特許クロスライセンス契約を結んだことを発表した。技術情報の交換や、相互が保有する特許の自社製品への組み込みなどを通じて、長期にわたる製品開発を活性化させることが狙い。

契約の詳細については不明だが、日本ビクターがマイクロソフトに対して何らかの支払いを行うことが確定している。なお同契約の対象となるのは、両社が製造および販売する消費者向け製品。

ちなみに、マイクロソフトは富士ゼロックス、ケンウッド、日本電気、米Nortel Networksや米Novellなどと特許クロスライセンス契約を締結している。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る