このページの本文へ
ここから本文です

カカクコム、新築マンション探しで街の特徴が把握できる「街力分析」

2007年12月21日 15時12分

カカクコムは12月21日、同社が運営する新築マンション検索サイト「マンションDB」において、マンション購入を検討している地域の特徴が把握できる「街力分析」機能の提供を開始した。

マンション購入の物件選びでは、物件そのもののほかに、近隣環境も大きな判断材料になる。街力分析では、全国800都市について、さまざまな側面から分析し、数値化して、ひと目で特徴がわかるようにする。「老後・医療」「教育」「安全・安心」「経済」の4カテゴリに関して、官公庁の報告書や統計書など各種データをもとに算出した偏差値を提示し、レーダーチャートでも表示する。

偏差値の上位20都市を、総合およびカテゴリ別のランキング形式で掲載し、その街で販売されている新築マンションを一覧表示する。また、Wikipedia(百科事典)、テクノラティジャパン(ブログ検索)、Google(キーワード検索)のボタンを設置し、街に関するさまざまな情報を手軽に収集できるようにした。「食べログ.com」とも連携しており、レストランのクチコミ情報なども入手できる。

今後は、各エリアに関する情報を充実させるほか、マイページ機能の追加や、ユーザーの条件に合った物件比較機能など、利便性の向上を図るとしている。

またカカクコムは、マンション検索の対象地域に「北陸・甲信越」「中国・四国「九州・沖縄エリア」を追加した。これにより、全国で約1700件の新築マンションを検索できるようになったという。

記事検索 オプション

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る