このページの本文へ
ここから本文です

北日本新聞の論説委員が盗用、朝刊1面のコラムで

2007年9月26日 12時7分

富山県の北日本新聞社は9月25日、朝刊1面に掲載しているコラムで、他社出版物からの盗用があったと発表し、著者ら関係者に謝罪した。また同日、コラムを執筆した楠登論説委員を総務局付とした。

盗用があったのは同紙のコラム「天地人」の9月8日掲載分。岐阜県郡上市ひるがの高原について触れた記述で、「クイズで楽しもう ビックリ!意外 日本地理」(宇田川勝司著・草思社)の一部と酷似した表現があった。盗用された出版物は、著者の宇田川氏が自身のWebサイトに掲載したコンテンツをまとめ、加筆修正して書籍化したもの。

北日本新聞によると、25日に盗用を指摘する匿名の投書が届いたため、楠論説委員本人から聞き取りをするなど社内で調査し、盗用の事実を確認したという。

楠論説委員は2004年9月よりコラムの執筆を担当していた。北日本新聞では社内調査委員会を設置し、ほかに盗用がないかを確認するとともに、結果を踏まえて社内処分を行うとしている。

ここから下は、関連記事一覧などです。画面先頭に戻る ホームページへ戻る

記事検索 オプション

SPECIAL

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

ご案内 nikkei BPnetでは、Internet Explorer 6以降、 Safari 2以降、Opera 8以降、Netscape 8.1以降またはHTML 4.01/CSS level 1, 2をサポートしたWebブラウザでの閲覧をお勧めしております。このメッセージが表示されているサポート外のブラウザをご利用の方も、できる限り本文を読めるように配慮していますが、表示される画面デザインや動作が異なったり、画面が乱れたりする場合があります。あらかじめご了承ください。

本文へ戻る